忍者ブログ
  PR
  最新CM
[10/17 シャロゥ]
  ブログ内検索
  アーカイブ
  アクセス解析
[22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12]

 2018/09/25 (Tue)  at 08:45:38
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 2007/09/15 (Sat)  at 03:11:06

 

インド株投資と中国株投資は、投資信託の中でも人気が高まってきています。

日本経済新聞や日経金融新聞などによると、中国株投資の方が残高が一定の基準を保っていて、それに対してインド株投資は4ケ月程で急増しているとの記事がありました。現在、投資信託の勢いは中国株投資よりインド株投資の方がありそうです。

中国株への投資は、さまざまな証券会社から直接行う事が出来ます。

しかし、インド株への投資は現状直接行う事が出来ません。ADRによる投資などの選択肢は確実に増えてきていますが、インド株は投信頼みがもう少し続きそうです。

それでもインド株投資を扱う証券会社も続々と増えて来ています。「野村がインド株投資に305億円」という記事もあり、JFインド株ファンドは設定額305億3893万円で、インド株投資の残高が国内最大になったそうです。

投資信託もインド株投資の勢いはまだ続きそうです。

インド株へ投資する際の証券会社の選び方の観点は、投資対象を投資にするかADRにするかという点と、どんな投資を選ぶか、その他の金融商品をどれにするかという点です。

ちなみにその他の金融商品とは、例えばインド株以外に日本株を少し投資するなどの事です。

投資の種類としては、インド共和国の証券取引所に上場している株式を主要投資対象としているHSBCインド株オープンや約90%をインド株、残りの10%を日本の債権に投資するPCAインド株式オープン他、いろいろな種類があります。


PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
URL:
comment:
password: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

[secret_check]
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
東京証券取引所とインド証取、相互協力協定締結!
東京証券取引所は16日、インド・ナショナル証券取引所と相互協力協定を締結したと発表しました。締結内容は、株式の売買システムの技術支援や情報交換となっていますが、今後更に決済システムまで発展していけば、国内投資家にとっても一時の中国株投資の興隆と同様インド株投資が盛んになってくるのではないかと期待されます
URL 2007/09/15(Sat)03:53:17
インド株投資と中国株投資
インド株投資と中国株投資は、投資信託の中でも人気が高まってきています。 日本経済新聞や日経金融新聞などによると、中国株投資の方が残高が一定の基準を保っていて、それに対してインド株投資は4ケ月程で急増しているとの記事がありました。現在、投資信託の勢いは中国株投資よりインド株投資の方がありそうです。 中国株への投資は、さまざまな証券会社から直接行う事が出来ます。 しかし、インド株への投資は現...
URL 2007/09/15(Sat)03:53:17
中国株 ファンド
≪≪中国株 ファンド≫≫... 谷原章介プラダエルメス彼女 財布投資信託 ... 住宅購入時に発生する住宅ローンについて インド株投資と中国株投資 だとも知らず、しかも そろそろ投資信託買ってもよそさ ... 昔からやっているサラリーマンのための投資信託。 さわかみファンドでしょうか ...≪≪米ターゲットの第2四半期利益は予想と一致、年末までの見通しは慎重≫≫■ Defi-Link Meter(デフィーリンクメーター)タコメーター 80φ 白文字板(MAX9000RPM) ...
URL 2007/09/15(Sat)03:53:17
東京証券取引所とインド証取、相互協力協定締結!
東京証券取引所は16日、インド・ナショナル証券取引所と相互協力協定を締結したと発表しました。 締結内容は、株式の売買システムの技術支援や情報交換となっていますが、今後更に決済システムまで発展していけば、国内投資家にとっても一時の中国株投資の興隆と同様インド株投資が盛んになってくるのではないかと期待されます。 国内投資家の選択肢が多様化することはよいことですが、一方でインド企業のフアンダメンタル...
URL 2007/09/15(Sat)03:53:18
東京証券取引所とインド証取が相互協力協定締結!
東京証券取引所は16日に、「インド・ナショナル証券取引所と相互協力協定を締結した。」と発表しました。内容は、株式の売買システムの技術支援や情報交換となっていますが、今後更に決済システムまで発展していけば、一時の中国株投資の興隆と同様にインド株投資が盛んになってくるのではないかと期待されます。国内投資家の選択肢が多様化することは良いことです。しかし、一方でインド企業のファンダメンタルやテクニカルの分析もきっちりやらなければ危険性のあることも十分考慮しなければなりません。また、中...
URL 2007/09/15(Sat)03:53:18
中国株バブル前に仕込み大儲けする方法
中国株バブルが始まります。世界の投資資金が中国株に集まってきます。本格的なバブル前に中国株を仕込んでください。
URL 2008/02/11(Mon)13:09:33
短期間で中国株バブルで大きな利益を得る方法
中国株バブルが始まります。世界の投資資金が中国株に集まってきます。本格的なバブル前に中国株を仕込んでください。
URL 2008/03/08(Sat)12:05:37

★ ILLUSTRATION BY nyao
忍者ブログ [PR]